トップページへ

だいぶ飛距離が戻ってきました

ANSERFREAK » Monologue... » だいぶ飛距離が戻ってきました

ここのところ毎日ドライバーを打っています。

dista-1.jpg

怪我をする前はヘッドスピードが46m/sくらいは出ていた記憶があるのですが、練習再開後はマックスで44m/sくらいになってしまいました。

ですが、少しドロー回転が確率高く出るようになったので、飛距離的には265 Yard前後は飛んでいます。

怪我の前はしばらく打っていればたまに280 Yardくらい飛ぶこともあったのですが、10~15 Yardほどまだ戻っていない感じがします。

振っているときに痛みを感じているわけではないので、自分では前のように振れている気がしているのですが、数字を見るとそうではないようです。

dista-2.JPG

以前から ”クラブを振る筋肉はクラブを振らないとつかない” と思っているので、やはり振れなかった時間が長かったので筋肉も衰えたんだろうと思います。恐ろしいです...。

これからそのギャップを埋めながら、さらなる飛距離アップができるようにしていきたいと思います。目指すは怪我の前を上回る48m/sを目指したいと思います。

ただ力を入れてもヘッドスピードが上がるわけではなく、効率よくヘッドを走らせることが必要です。そのやり方を忘れてしまっているのか?元々できていなかったのか?はわかりませんが、色々なイメージをしながらトライしてみたいと思います。

当たれば280 Yardくらい、普通に振って曲がらないで 260Yard は飛ばしたいです。頑張るぞ!


【PR】The Putting Laboratory のブログ「Putting Labo Diary」を更新
今日は「フェース面のイメージは手の平?」をアップしています。是非ご覧ください!

pldiary.png


【今日の小ネタ】

TIMELESS ヘッドでトップブレードにサイトラインはちょっと珍しいですよね。


« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ