トップページへ

Golfweek のタイガーのパターの話

ANSERFREAK » Putters » Golfweek のタイガーのパターの話

先日 Golfweek の記事を見ていて面白い内容があったのでちょっと紹介します。

golfweek.jpg
Golfweek の記事から引用

「How Tiger Woods' Scotty Cameron putter differs from others」という題だったのですが、なかに知らなかった情報が書かれていました。

どんな内容が書かれていたかというと...

そこにはタイガーの GSS NEWPORT 2 のヘッド重量が書かれていたのですが、なんと "326g" しかないとのことです。

その後の説明でグリップについてもふれられていましたが、タイガーはずっと PING の Anser 2 を使っていてそれについていた PING PP58 の感触になれていたので、それをずっと使い続けているとのことでした。

これを考えるとこの 326g というのは当時の Anser 2 のヘッド重量に近いんだと思います。当時から長さは35インチ。35インチだとまあまあのバランスが出ているんでしょうね。

そうそう、タイガーもノーマンも Anser 2 の PAT PEND を使っていたので、このパターの価格がずいぶん跳ね上がっていた時代がありましたね。懐かしいです。

自分が持っている GSS NEWPORT も 330g くらいしかありませんが、34インチくらいでもう一度使ってみたくなってきました(笑)。


【今日の小ネタ】
タイガーが使っている Vertical Stamp のパターが無いか探してみたら売ってました。


スコッティーキャメロン(Scotty Cameron) NP2 Vertical Scotty 17PGA NP2 Vertical Scotty GSS パター (35インチ) 鑑定書付 (Men's)

これはタイガーのスペアではないので TIGER WOODS とはフリンジに入っていないモデルです。ヘッド形状も厳密にいうとちょっと違います。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ