トップページへ

自分のパッティングストロークを知る Vol.1

ANSERFREAK » Putter Fitting » 自分のパッティングストロークを知る Vol.1

ANSERFREAK では何度もその重要性をお話ししているパッティングストローク分析ですが、これから何回かに分けて詳細についてお話ししようと思います。

spl-11.jpg

ACTEK GOLF で行っているパッティングストローク分析は、自分の目と自分の耳を使い、さらに SAM PuttLab という分析機器を用いてより理解を深めてもらう方法でサービスを提供しています。

今回は細かい項目の話に入る前の前置き的な話を中心にお話しします。

パッティングをするにあたって重要なのは、どんな打ち方であっても入れることが重要です。

その際に重要なのは自分を知っているということです。自分を知っているということがどういうことかというと...色々あります。

例えば
  ショートパットでは右に外しやすい
  フックラインを厚く読んでしまう
  下りのパットを打ち過ぎてしまう
  ロングパットをショートすることが多い

等々...ただ漠然とミスするのではなく、その中である一定の法則を見つけられると対処の方法もわかってきます。ですのパッティングが上手い方はそのミスを防ぐ何らかの方法を持っています。

その方法が基本に忠実でなくても結果が良ければ問題ありません。自分のミスとどう付き合うか?が重要なのです。

spl-12.jpg

ACTEK GOLF で使っているパッティングストローク分析機器の SAM PuttLab ではストローク全体の再現性が数値で出てきます。その数値が高い癖であれば、それを活かして他の部分を修正することも考えられます。

ですので、ACTEK GOLF のパッティングストローク分析は、ただ単に綺麗なストロークを目指すのではなく、今の安定している部分をどう活かしていくかも考えています。

spl-13.jpg

今後はその SAM PuttLab のデータも交えてパッティングストローク分析についてお話ししていこうと思います。お楽しみに!

ACTEK GOLF のパッティングストローク分析に興味がある方は、info@actekgolf.com か 03-5829-9083 までお問い合わせください。


【今日の小ネタ】
どうも楽天市場で洒落たゴルフウェアを探しているとここに行きつくことが多いです。

ゴルフウェアUSA

US直輸入のゴルフウェアがたくさん出ています。珍しい物だとRLXとかLyle&Scottとかもあったりします。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ