トップページへ

もっと練習しないといけません...

ANSERFREAK » Monologue... » もっと練習しないといけません...

試合前になるといつももっと練習しないとと思います。

prac-21.jpg

前回のラウンドから一度もクラブを握らずに次のラウンドになるということが、最近のパターンです。

目の前に最高の練習環境がありながら、なかなかそれを利用できてないですね。練習って何のためにするのかあらためて考えてみました。

練習をしないと...と思うってことは、間違いなく自信が無いってことなんでしょうね。「自分はこれだけやったんだ」って言うのが自信になって来るんだと思います。

あとは体を動かしていると言う安心感も重要です。自分のラウンド前の練習は、もちろん球の行方も見てはいますが、体の動きを思い出す重要な時間です。

いくつかのチェックポイントがあって、「こういう球が出たらここを意識」とか、「この部分に違和感があったらここを意識」という感じです。なのでラウンド前の練習ができないとかなり不安です。

でも練習をしていればそういう不安は少しは払拭できるんでしょうね。自分にとっての練習はもはやそういう意味しかないのかもしれません。

幸いなぜか酷いスランプに陥ったことがありません。シャンクが止まらないとか、手が動かなくなるとかは一度も無いです。ただそんな自分にも一生懸命練習する時期はありました。

始めてすぐだったり、どうしてもドライバーでスライスしか打てなかった時です。ドライバーの球筋は最近は軽いドロー目の球も出るようになっていますが、そうなったのはつい最近のことです。

一時はドライバーはフェードで打つということを決めて、左ドッグレッグでも左コーナーに打っていけるくらいの自信を持っていました。

最近はスタジオに弾道分析とクラブ軌道がわかる GC2+HMT が入り、なぜフェードボールしか打てないのか?ドローを打つためにできていないことが何なのか?がはっきりわかるようになりました。

それさえわかれば以外と何とかなるもので、自分の意識をどのくらいまで持っていけばその動きができて、結果ドロー回転のボールが打てるようになります。

そこで一生懸命練習していればコースで使えるようになるのも早いと思うのですが、なかなか練習しないので広いホールに来た時とか、スコアが関係ないラウンドでしか試せません。そうすると試合で使う自信はなかなか積み重なってきませんね。

われわれアマチュアはゴルフの回数も少ないですし、自信を持ってプレーをするって相当難しいことなんです。なのでゴルフはずうずうしい人が意外と上達が早かったり上手くなったりすると思っています。

1発のミスショットがその後ずっと影響を与えることがあるのがゴルフです。いつも通りやっていればそんなミスが何度も出るはずがないのに、気にして余計おかしくなってしまう...。ずうずうしければ次は出るはずがないと思って打てるんです。

そのずうずうしさはもしかしたら練習を重ねて身につけられるものなのかもしれません。毎日少しでもボールを打っていかないといけませんね。いつもこんなことを言いながら、なかなかできません...。もう少し練習したらもう少し上のゴルフができるのでしょうかね?

練習を一生懸命やっているほど、自分の現状をしっかり知ることが重要です。計測&分析、パッティングストローク分析は是非やってみていただきたいです。上達のスピードが絶対に変わります!

5月のキャンペーンもお得なコースが盛りだくさん!
http://www.actekgolf.com/campaign/index.html


【今日の小ネタ】
いよいよ高低差が出る小型のレーザー距離計が Nikon から発売になりますね。ずいぶん気になっています。

ニコン ゴルフ用レーザー距離計 COOLSHOT PRO STABILIZED 《2018年5月25日発売》《納期未定》

厚みと高さがこれまで使っていた CoolShot 20 と比較して5mmずつ大きくなっただけで、ファインダーが見やすくなり、高低差が出て、手振れ防止もついたとのことです。高低差の機能を使っていないマークも表示されるので、高低差が出る距離計がダメな場合も使えることになりそうです。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ