トップページへ

C9 バランスの RM Custom Wedge その後

ANSERFREAK » Irons・Wedges » C9 バランスの RM Custom Wedge その後

ゴルフクラブには長さ、重さ、バランスなどの数値があり、使い手は自分に合ったスペックに調整して使っています。

rmc-11.jpg

これらの数値をどうするかは経験値であったり、外から得た情報がベースになっていることが一般的です。

というわけで先日思いつきで作ってみたかなり今までより軽いバランスのウェッジをラウンドで使ってきましたのでそのレポートを...

アプローチはバンカーショットは、総重量が重くてバランスが重い方が打ちやすいと一般的に言われていますが、プロのクラブスペックを見ると様々です。

輸入物のウェッジなどは最初からD5なんていう重いバランスのものがあって、バランスダウンすることはかなり難しいです。

rmc-12.jpg

今回はヘッドを軽量化して、シャフトもDGからMODUS WEDGE 115に変更。いつもの長さでC9までバランスダウンしてみました。

まずはスタジオで打ってみましたが、細かいアプローチではまったくそのバランスの軽さを感じませんでした。いつもはフルショットで少しトウ寄りで当たってしまうのが、なぜか真ん中に確率良く当たります。

フルショットでもまったくその軽さは感じません...。不思議ですね...。元々D3.5はあったので4ポイント以上も変わっているはずなんです。ちょっとこれは意外でした。

先日のホームコースでのラウンドで初投入したのですが、1回の左下がりのライからのアプローチでミスをしましたが、それ以外はかなり良い感じで使えました。フルショットで距離が落ちることもなく、打点も真ん中に当たります。

自分なりの推測はこんな感じです。

・重いバランスの場合ヘッドが戻ってくるタイミングをコントロールできないので、若干振り遅れて右目に飛んでいた。これが軽いバランスになってヘッドコントロールがしやすくなり、思ったタイミングで思った場所で打てるようになった。

・アプローチでも同様で微妙なヘッドコントロールが可能になって、上げる、低く出す、スピンをかけるなどの操作がしやすくなった。

C9極端かもしれませんが、バランスダウンのメリットは自分の場合結構ありそうです。アイアンももしかしたらもう少し軽いバランスでも良いのかもしれませんね。

また新たな構想が浮かび上がってきました(笑)


【PR】ゴールデンウィークもあけて現実の世界に戻りましたね。
ACTEK GOLFでは5月の新しいキャンペーンをリリースしています。今月もお得なコース満載で皆様のご予約をお待ちしております。計測&分析全コース半額!トライアングルチェックのフルコースは半額以下!

5月のお得なキャンペーンは... http://www.actekgolf.com/campaign/index.html


【今日の小ネタ】
最近たくさん持っているのですがゴルフシューズを物色しています。今日見つけたのはこれ。

【5/8朝9時59分までポイント10倍】アシックス ゴルフシューズ DUNLOP×asics ゲルエース レジェンドマスター2 TGN918 2016年ツアープロ使用モデル【あす楽対応】

以前一度だけasicsのシューズを履いたことがあるのですが、意外と履きやすかったのを覚えています。このモデルは松山プロも着用しているモデル。ちょっと良さそうな感じです。

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ